Unity

完成したUnityプロジェクトを再利用しよう!プロジェクト丸ごとコピー術

タイトル画像

Unityでゲームを作成しているとき、完成形のプロジェクトを少し中身を変更したり、デザインの変更などでプロジェクト一式を使い回す為にUnityプロジェクトを丸ごとコピーしたいことがあるかと思います。

この記事では、Unityプロジェクトを丸ごとコピーする手順を解説していきます。

今回使うツールとしては Unity、Visual Studio です。

 

Unityプロジェクトを丸ごとコピーの手順

まずUnityプロジェクトは単純にコピーして実行しただけではエラーが出て使うことはできません。

しっかり手順さえ踏めば簡単に丸ごとコピーが出来ます。

Unityを実行している場合は一旦、終了してください。

 

プロジェクトのコピー手順

1.プロジェクトを複製

まず、コピーしたいプロジェクトのフォルダを右クリックして複製する。

すると複製されて、【[プロジェクト名]のコピー】と言う名前で表示されます。

イメージ説明

 

2.フォルダ名の変更

コピーしたプロジェクトファイルを右クリックして【名前の変更】を選択する。

もちろん同じプロジェクト名にはせずに新しいプロジェクトのフォルダ名に変更する。

ここではNewProjectという名前のプロジェクト名に変更しました。

イメージ説明

 

3.【プロジェクト名.sln】と【プロジェクト名.csproj】を削除

すでに作られているファイルで【プロジェクト名.sln】と【プロジェクト名.csproj】が要らなくなりますので、削除が必要になります。

【プロジェクト名.sln】と【プロジェクト名.csproj】を選択して【ゴミ箱に入れる】を実行してください。

イメージ説明

 

4.プロジェクトを開く

前述の削除の作業が終わりましたら、Unityを実行します。

新しく変更した名前のプロジェクトを選択して開く。

私の場合、Unity Hubからプロジェクトを開きました。

【プロジェクト】 → 【リストに追加】ボタンを押す。

説明イメージ

先ほどコピーして作成したプロジェクトを選択して【開く】ボタンを押す。

イメージ説明

するとプロジェクトが追加されました。

イメージ説明

5.【.Slnと.csproj】ファイルを自動で生成

Unityで新しプロジェクトを開き、なんでも良いのでスクリプトをダブルクリックしてください。

すると.sln.csproj】ファイルを自動で生成してくれます。

イメージ説明

.sln.csproj】ファイルができていることをFinderから確認してみてください。

生成できていれば終了です。

イメージ説明

作業は以上になります。

お疲れ様でした。

 

まとめ

基本はこの作業でデバッグやビルドも通るはずですが、アプリ名やIDなどの細かな設定は【Build Settings】の【Player Settings】で変更を加えてあげてください。

手順は簡単でしたね。

プロジェクトをコピーしてアプリ開発を時短で進めることができると思いますので、テンプレートのプロジェクトを作ってどんどんゲームを作っちゃいましょう!ww

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バンビ

妻と息子の3人暮らしで最近は新築戸建てを購入しようと奮闘中! 普段は個人でアプリ開発をしています。 忘れっぽい自分の為に生きる上での備忘録を書いていきます!

おすすめの記事

タイトル画像 1

目次iOSアプリ申請時のリジェクト今回作成したアプリの概要リジェクト、メールでのやりとりまとめ iOSアプリ申請時のリジェクト 久しぶりにiOSアプリを作成しましてリジェクトされました。 メールでのや ...

タイトル画像 2

久しぶりにGoogleにアプリの公開をしていますが、エラーが続々発生しています。 Unityでアプリは作成していますが、実機によるスマホでのデバッグやUnityでのデバッグ作業では何もエラーは表示され ...

タイトル画像 3

こんにちは、バンビです。 今回Androidアプリを久々にGoogle Playに公開しようとアプリを作成していて、やっと完成させました。 スマホの実機でデバッグやUnityでのデバッグはすでにしてい ...

-Unity

Copyright© 生きるための備忘録 , 2020 All Rights Reserved.